51_20170510155221015.png 52_20170510155735509.png 366.png 54_20170510162800767.png 55_20170510162815353.png 56_20170510162826686.png 57_20170517094710398.png 58.png
51_20170510155221015.png 52_20170510155735509.png 366.png 54_20170510162800767.png 55_20170510162815353.png 56_20170510162826686.png 57_20170517094710398.png 58.png

吉田式学習法

「授業→復習」から「予習→授業」の反転マスタリー学習

 
吉田ジュニアの学習法
 

❶予習動画(授業前)

授業で新しい単元に入る前に、あらかじめ新しい単元の基本や要点を動画で学習します。
予習動画は、オンライン学習できるので、お母さんが夕食を作っている横で、お父さんが新聞を読んでいる横で学習できます。
パソコンで、タブレットで、スマートフォンで、いつでも・何度でも学習できます。
 

❷予習テスト(授業前)

予習動画を視聴した後、理解の程度を把握するために確認テストを受験します。このテストの結果は、LMS(学習進捗管理システム)によって蓄積されるので、先生と生徒が共有したデータから、先生は生徒がどの部分でつまずいているかを把握することができます。このテストは、満点を取ることが目的ではありません。大切なのは、受講生自身が、自分がどこまでわかっているのか、また、授業で質問したいことを明確にすることです。
 

❸ライブネット授業(授業当日)

基本は予習したうえで授業に参加しているので、授業では、少し応用の問題に取り組むことができます。授業は、生徒が発言できる機会を重視し、アクティブ・ラーニングを用います。授業は学ぶことよりディスカッションをする時間を大切にします。
先生は、生徒が既に受験している「確認テスト」の結果を把握しているので、さらに深めてほしい課題や知識を交えながら授業を行うことができます。
 

❹復習テスト(授業後)

授業が終わると、学習したことを更に自分のものにするための反復演習として、復習テストを受けます。
予習テストとは異なり、今度は知識が増していることがわかります。結果がよくない場合、予習動画に戻る、授業の録画を見るなどで知識を定着させます。
 

❺演習プリント(授業後)

演習プリントで完全習得を目指します。どの段階で知識が定着するかは受講生によって異なりますが、次の単元に移る時には、必ず完全習得ができている学習法です。 
 
完全に習得するまでの時間は個々で異なりますが、どの生徒も完全にマスターし、次の学習に進みます。
 

授業はアクティブ・ラーニング 

先生の説明がどんどん進むだけで授業についていけなかった生徒が、意見を言い合うディスカッションに参加できるようになると授業が楽しく感じられるようになります。
 
授業は、先生は説明する、生徒はうつむいてひたすらノートを取る、その後はひたすら問題を解くというスタイルが多いようですが、吉田jrの授業はアクティブ・ラーニング、生徒が自ら発言し、時には、説明する、問題数を数多く解くのではなく、ゆっくりと理解し、それをアウトプットとして、人に説明できるようになる学習法です。  

学習プログラムで成り立つ学習法

吉田jrの学習は、予習動画、確認テスト、ライブネット授業、復習テストとすべてプログラムで成り立っています。
そのため、受講生ひとりひとりに丁寧に指導するのではなく、プログラム上で学習が成り立っています。
 
現在の看護師国家試験対策もすべてプログラムで授業を進め、途中から入塾される塾生に対しては録画学習で後れを取り戻し、国家試験に向かいます。このプログラムは『合格プログラム』といい、資格試験に合格するための学習法です。
 
この一貫した指導は、入塾する時期が異なっても、成り立つ学習法です。
 

市販教材とオリジナル教材の違い

一般的に書店で販売されている市販教材は、文部科学省の学習指導要領に沿って作成されます。しかし、学習指導要領には習得項目は記載されていますが、その途中の思考過程や細かな指導方法はなく、現場の指導者に一任されています。
言い換えれば、ある課題の答えを導く過程は自由です。しかし、答えに到達する過程を1つ学ぶ生徒と複数学ぶ生徒では、学習効果が大きく異なります。
 
弊社は予備校を運営し18年の歴史がありますが、最も生徒の学力を伸ばす教材とは何か?と質問されれば、もちろん、オリジナル教材です。と即答します。これは、大半の教育者も同意されますが、学生の個別性を重視した教育指導や学習教材作成はコスト面や物理面で難しことです。
 
しかし、弊社には、教育とITをブレンドさせたノウハウの蓄積があり、この特技を使い「吉田jr」の教材も原稿作成から印刷・製本、動画の企画・編集まで自社内で責任を持って行います。 
 

予習動画から復習テストまで

予習動画は、自宅で学習します。また、確認テストや、授業後の復習テスト、常時、学習できるwebテストも、自宅で学習できるよう編集しています。
 
自宅で、インターネットで、というのは、なんだかゲームになりかねないと心配される保護者の方もいますが、教材はそれぞれ、学習しやすい環境になるよう作成しています。

予習動画

予習テスト

Webテストには、いくつかのパターンの問題があります。単に正答を選ぶ問題のみではなく、実際に記入する、複数の選択肢を正確に解答する方法等があります。
 
 
■ ○×問題

問題に対して「 」か「 ×」で解答します。
 

■ ドラッグ&ドロップテキスト

テキストラベルを文章中の空欄にドラッグ&ドロップして解答します。
 

■ ドラッグ&ドロップイメージ
テキストラベルを背景イメージのドロップゾーンにドラッグ&ドロップして解答します。

 

■ ミッシングワード選択
問題テキスト内の空欄を埋めて解答します。

 

■ 記述問題

問題に対して、文字や数字を記述して解答します。
 

■ 組み合わせ問題
選択肢の中から正しい組み合わせを選択して解答します。

 
■ 多肢選択問題
選択肢から単一または複数の解答を選択して解答します。

 
■ フラッシュカード
単語や用語に一問一答で解答します。 

ライブネット授業

ライブネット授業の際に、印刷テキストを使用します。
(テキスト見本・中学1年生数学「絶対値」)

復習テスト

 
ライブネット授業の学習効果・個人の学習到達度を確認するため、毎回の授業終了後に学習サイトで復習テストを実施します。
 

演習プリント

演習プリントは、印刷教材です。復習テストをした後で、実施します。
 
パソコンを使用すると、問題の上にマウスのカーソルをあててみると、解答・解説が現れます。
 
吉田ジュニアの資料を請求する
吉田ジュニアにお問い合わせ
吉田ジュニアの資料を請求する
吉田ジュニアにお問い合わせをする
吉田ジュニアの資料を請求する
吉田ジュニアの通学部
吉田ジュニアの講座を申し込む
吉田ジュニアにお問い合わせ
吉田式学習法
学習サイトのご利用法
アクセス
塾長ブログ
まなびの館
吉田ジュニアの住所
吉田ジュニアに資料を請求する
吉田ジュニアの通学部
吉田ジュニアの講座を申し込む
吉田ジュニアにお問い合わせ
吉田式学習法
学習サイトのご利用方法
アクセス
塾長ブログ
まなびの館
吉田ジュニアの住所