img20200302093250375709.png img20200302093250143279.png img20200302093250220573.png img20200302093250295175.png

中学2年生 学習法


中学校の生活にも慣れ、毎日が充実してくるころですが、部活動が忙しく日々疲れてしまっている生徒もいます。しかしながら中2の2学期は受験を左右する重要単元を学習するため 学習の山場 とも言われています。 物事を多方面から考える思考力 を養成することが、一年後の高校入試を乗り越える最低条件です。定期テスト前に慌てて学習するのではなく、じっくり時間をかけて学習し、本物の学力にしておく必要があります。
吉田jr 塾長 小山

時間割

 曜日 科目  時間割 
月曜日 数学/理科  20:15~21:15
(数学35分程度/理科25分程度)
金曜日 英語/社会   20:15~21:15
(英語35分程度/社会25分程度)
 

教科別 年間プログラム

中2の英語、ここが大切

英語では、中1で学習した時制(現在進行形や過去形)に引き続き、未来形まで学習します。中1よりも暗記すべき量も増えていくため、英語学習を辛く感じる生徒もでてきます。特に不規則動詞や比較級の暗記では苦戦する生徒が多いです。また不定詞と動名詞の使い分けでも躓く生徒が多いです。新たな知識を取り入れるインプットの学習だけでなく、知識を試すアウトプットをすることで習熟度を高めていくことが大事です。吉田jrでは、子ども達が自ら考えることで本質をとらえ、それを活用していく(表現していく)ことができるように反転マスタリー学習とアクティブラーニングでお子様の学習をサポートするプログラムを組んでいます。

中2の数学、ここが大切

数学の「1次関数」が中3では「2次関数」へと発展し、高校入試では必ずと言ってよいほど出題されます。また「平行と合同」や「三角形と四角形」、「確率」も同様に、受験に必須の単元です。しかも難易度が高い単元のため躓く生徒が多く、今まで数学が得意だと思っていた生徒でさえも苦戦することがしばしばあります。吉田jrでは、基礎から丁寧に積み上げる中で、自ら考えることに力を入れた学習を行っていきます。数学は暗記教科ではありません。身に着けた知識をどう生かしていくかが重要なのです。そのためにも、考えることが大切です。また、その考える過程を楽しめる子どもに育つよう、様々なツールやきっかけを準備しお子様の学習をサポートしていきます。

中2の理科、ここが大切

『物質の成り立ち』では、化学物質の固有の性質や特徴、化学変化の種類と特徴を学びます。ここでの化学変化の性質は高校理科での基本となるので、確実な理解が必要です。
『動物のからだのつくりとはたらき』では、人間のからだのつくりを学習します。特に刺激と反応では、人間のからだどのように外界の刺激を受け入れ、反応するのか、目・耳などの感覚器化の働き、感覚神経・中枢、運動神経の働きを学びます。

中2の社会、ここが大切

歴史では、『近世の日本』『近代の日本と世界』で安土桃山時代から明治時代までの時代背景と出来事を学びます。明治時代で議会政治の始まりと国際社会とのかかわり、日清・日露戦争で当時の国内の社会状況や国際情勢とのかかわりを学びます。
地理では、『日本の地域構成と世界から見た日本の姿』『日本の諸地域と身近な地域の調査』で、日本各地の気候変動の特や産業や特産品など現代社会と結び付け学習します。

「授業→復習」から「予習→授業」の反転マスタリー学習

 

 

❶予習動画(授業前)
授業が始まる前に、まず、基本や要点を動画で学習します。
予習動画は、オンライン学習ができるので、お母さんが夕食を作っている横で、お父さんが新聞を読んでいる横で簡単に学習できます。
動画は、パソコン・タブレット、または、スマートフォンで視聴するることができます。
 

目的:アクテイブ・ラーニングで必要とする基礎知識を習得することで、思考力を効果的に習得することができます。

 
❷確認テスト(授業前)
予習動画を視聴した後、理解の程度を把握するために確認テストを受験します。このテストの結果は、LMS(学習進捗管理システム)によって蓄積されるので、先生と生徒が共有したデータから、先生は生徒がどの部分でつまずいているかを把握することができます。
 

目的:満点を取ることが目的ではありません。大切なのは、受講生自身が、自分がどこまでわかっているのか、また、授業で質問したいことを明確にすることです。

 
❸ライブネット授業(授業当日)
基本は予習したうえで授業に参加しているので、授業では、少し応用の問題に取り組むことができます。授業は、生徒が発言できる機会を重視し、アクティブ・ラーニングを用います。授業は学ぶことよりディスカッションをする時間を大切にします。
先生は、生徒が既に受験している「確認テスト」の結果を把握しているので、さらに深めてほしい課題や知識を交えながら授業を行うことができます。
 

目的:学習量より学習の質を重視した思考過程の養成です。

 
❹復習テスト(授業後)
授業が終わると、学習したことを更に自分のものにするための反復演習として、復習テストを受けます。
ライブネット授業の終了時にテキストの演習問題から課題を出します。Webテストだけでは、単純暗記になりがちな弱点を回避します。
高校入試で必要とされる、証明問題や作図問題などで必要な実践力を養成します。
 

目的:ライブネット授業の習熟度の確認と弱点克服です。

 
❺単元が終わると単元テスト(授業後)
単元が終わると、その章のテストを受験します。
テストの点が悪ければ、また、動画で学習し、テストを受験します。完全に習得するまでの時間は個々で異なりますが、どの生徒も完全にマスターし、次の単元に進みます。定期テストから高校入試レベルの問題を扱います。

 目的:単元別の学力の確認です。

 

吉田ジュニアの資料を請求する
吉田ジュニアにお問い合わせ